導入事例

愛知県を中心とした企業の従業員の皆様が、より快適にお過ごしいただけるよう幸せなライフサポートサービスを提供する、
企業提携パートナー制度サービス。 冠婚葬祭から飲食、宿泊、婚活まで、さまざまなサービスをご利用いただいている企業を
ご紹介いたします。 従業員のモチベーションをあげるために提供する、各企業・団体の福利厚生につながる取り組みにスポットを当てました。 御社の取り組みの参考になればと思います。

婚活サポート

婚活パーティ(イメージ)
「結婚したいけど・・・出会いがないよ」従業員想いの会社が乗り出した福利厚生は、”企業婚活”
社屋画像 マーク画像

<企業・団体DATA>

企業名:株式会社引越社
従業員数(グループ): 3,965名(平成26年5月末現在)
本社所在地: 愛知県名古屋市中川区江松5-226
従業員平均年齢:20代後半

株式会社引越社
中部本部 人事部 課長 田中宣善様

タレント・赤井英和氏のCM「アリさんマークの引越社!」でお馴染み、
株式会社引越社様。
今回お話を伺ったのは、同社人事部課長の田中氏。
率先して従業員とその家族を温かく見守り、独身者には婚活支援も行う、熱血系人情派です。
同社とは以前より、ザ・グランドティアラに於いてのグループ入社式、式典、歓迎会の開催支援などでお付き合いがありました。

「出会いが減っているのか、社員に独身者が増えてきている」とご相談をいただいたことから、当社は企業での婚活をご提案。
ザ・グランドティアラの結婚相談所コスモスプリマリエと提携し、これまでに2回、「同社の男性従業員」と「コスモスプリマリエの女性会員」による婚活パーティを開催しました。

これから拡がっていくことが予想される、企業の婚活支援。
そのパイオニアとして、実施したご経験談や今後の展望、サービスの課題や可能性についてお話をうかがいました。

応援?冷やかし?「婚活」に沸いた社内!

温かい笑顔と語り口が、従業員への愛情を物語ります

「実際に婚活パーティするぞ!と告知をしたときに、『行く行く!』って手をあげる子は少なかったですね……」

当初、この企画は難しいかもしれない……と心配されたようですが、実はそうではありませんでした。

「声をかけると『いやいや勘弁してくださいよ~』って子もいましたが、まんざらでもない子も結構いたんですよね。むしろ声かけを待っていた子もいましたねぇ」

しばらく様子を見ている内に、本当は気になりながらも足踏みしてしまう、奥手な社員が多いことに気が付いたそうです。

「行く前には『いやいやそんな~』って言っていた子も、なんだかんだで直前にスーツ新調したり、床屋行ったりするんですよ!『こんなんでいいっすか?』って(笑)。そのセンスはないだろ~なんていいながら、社内でファッションショーが始まるなんてことも。そんな風に盛り上がっていました」

周りの声かけもあり、最終的には無事人数も集まりました。
潜在的婚活希望者が多いからこそ、会社から働きかけることが必要なのだと、開催を通して田中氏は感じられたそうです。


「みんながみんな、結婚したくないから独身でいるわけではないようですね。出会うきっかけがないだけという子も。そのきっかけを、会社として提供できたらいいかな。『婚活パーティだって!ちょっと遊びに行ってこいよ!』ってみんなで冷やかしながらも盛り上げてね、参加しやすいように」

パーティは過去2回開催。中にはめでたくマッチングした参加者もいました。

「マッチングしなかったメンバーはしょんぼりしちゃっていました。でも、みんな楽しんできてくれたみたいですよ。そういう場を踏んだことで、免疫はついたのかなという気はします」

社員の婚活を、ちょっぴりおせっかいなくらいに温かく見守る。今、企業にはそのような姿勢も求められているのかもしれません。

従業員に温かい家庭を。企業のホンネ
同社は仕事の特性上、男性従業員の比率が高く、一般の方がお休みの時が仕事にあたることが少なくありません。
そのため、異性と出会うチャンスが限られてしまうとのことでした。
さらに、最近入社してくる若者には奥手なタイプが多いようです。

創業以来引越し一筋の同社は、厳しい研修を受講したスタッフによる、質の高い引越しサービスが売り。
その安心の引越しサービスを継続的に提供していくには、従業員の健康やそれを支える家族は、とても重要な要素だと引越社様は考えています。
そのため結婚祝い金など、冠婚葬祭・慶弔に関する福利厚生を大切にしてきたとのこと。


「従業員の家族も大切に、という考え方が強い会社です。奥さんへ誕生日プレゼントを贈ったり、5年・10年と永年勤続功労旅行を進呈したり。創業当初からのオーナーの意向もあって、そんな文化が根付いていますね」

そう語って、応接室にある「ありさんファミリー」というタイトルの社内報を見せてくださった田中氏。入社式などの社内イベントや従業員紹介だけでなく、マイホームや家族の紹介も豊富に掲載されている、まさに家族のための社内報。毎月家族と一緒に読んでもらうことで、仕事や会社を理解してもらい、家族ぐるみで付き合っていく文化を醸成している役割があるようです。

「仕事に集中できるのは、家庭の安定あってこそだと思います。帰りたい家庭があるから、しっかり働いて帰ろうと、現場でキビキビと仕事をするんですよ。実際、家庭があるスタッフは終わるのが早いんです。
会社として家庭もバックアップすることで、しっかり集中して働いてほしいという思いがあります」

引越し現場の仕事は、とにかく体が資本。健康な体は日々の食事、生活から作られていきます。
さらに、家に待っている家族がいることでトラックの安全運転にもつながるなど、温かい家庭があることは、仕事に良い影響を及ぼしているようです。


信頼と実績を作ってきた、同社の看板!

全国の社員と家族と会社をつなぐ社内報
「ありさんファミリー」

教職員や看護師など。活用企業・団体の拡がりに期待大
パイオニアとして田中氏は、今後どのような企業・団体に活用が期待されるか、お話してくださいました。

「教職員組合さんなど、いいのではないかなと思いますね。実は私は元々教員でした。だからわかるのですが、とても出会いの機会が少ないものです。また、当社のように男女比に偏りがある企業や職種、例えば看護師さんなどが活用できるサービスではないでしょうか」

出会いのないところに出会いを生み出し、一歩踏み出しかねている社員の背中をそっと押してあげる。 そうして結婚する人を増やしていくことも、企業にとっての社会貢献につながっていきます。

企業の婚活パーティは、同社のように、希望する人にきっかけを提供したいという思いをもつ企業、従業員も家族も大切にする文化のある企業に、広まっていく可能性を感じました。


「ライトでアクティブな婚活企画も、ぜひお願いします」

最後に、今後どのような企業婚活が望まれるかについてコスモスプリマリエの中北が うかがいました。 自らのご経験を踏まえて、田中氏は多くのアイデアをお話してくださいました。

右:株式会社コスモスプリマリエ 本部長 中北三七雄 引越社様に対して、婚活パーティの企画・運営でサポートしています。

田中氏: 課題なのが人集めなんですよね。どうしても奥手なタイプが多くて。
次は、ボウリング大会やカラオケ大会、スノーボードなんかいいかもしれないですね。
奥手だけどスノーボードやボウリングはうまいよって子もいます。
自分の得意な分野なら、「教えてあげようか」など自然にお話ができていいですよね。 もっと積極的に参加する子が出てくるんじゃないかなという気がします。

コスモスプリマリエ中北:  さすがですね!コスモスプリマリエでは、ボウリング婚活などが人気ありますね。
ボウリングは、ハイタッチなんかのスキンシップがあったり、ダブルスを組んでちょっと教えたりして。 そうすると自然に会話が出てきて、2人で協力しあってストライクとっちゃう。
その後にみんなで食事したりなんかすると、マッチングの率があがります。


田中氏:  いいですね。ライトでアクティブなイメージだったら、うちの子達もより参加しやすいかもしれません。そして継続していけたらいいですね。2~3ヶ月に1回くらいでしょうか。
また、コスモスプリマリエさんで開催している一般のパーティも案内してもらえたら、個人で参加する子もいると思います。

コスモスプリマリエ中北: お役に立てると嬉しいです。御社とはさらに、企業同士の企画もやってみたいですね。

田中氏: いいですね。あぁ、早く「おっ愛妻弁当か?」なんて言いながらひやかしたいです(笑)。
そして早くくっついて、ザ・グランドティアラで結婚式をあげてもらってね!

コスモスプリマリエ中北: ありがとうございます!もちろん、結婚式までのバックアップも任せてください!

※本記事の内容は、2014年10月取材時点のものです。

このページの先頭へ

株式会社レクスト (一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会加盟)
〒460-0008 名古屋市中区栄三丁目13番6号 LEXT HOUSE